shikine.net

式根島ノ キャンプ場ニ 居リマス

2012 G.W.

2012/04/27~05/07  後半32分に2点!!

 

27-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

4/27 出航は23時

昼過ぎに雨があがるという予報は見事にはずれ。カブに乗り霧雨の中を竹芝まで走り早めにあずけてしまいます。
北海道の魚を食わせる居酒屋へ行き晩御飯です。

出航1時間前に竹芝に戻りました。結構知った顔がいますしキャンパーも多そう。にぎやかなキャンプになりそうです。

まだ湿度が高いですがどうにか雨はやみました。東京ゲートブリッジもぼんやり見えています。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

4/28 到着

重い雲に覆われた式根島が見えてきました。8時過ぎには野伏港に到着。

サルビア丸が大浦キャンプ場の前を過ぎる頃にはキャンプサイトに到着。
先にキャンプインしていたJさんが荷物をサイトに運んでくれていました。
すべての荷物をです。まことにすみません m(__)m ありがとうございます!
今日は土曜日なので「新井農園」の直売があると楽しみにしていたのですがお休み。
キャンプ用の野菜を買い込もうと思っていたのに残念です。

G.W.の最初の日でこんなに穏やかな日がいままであったでしょうか?海がよすぎたので初日ですが海にはいりました。

潜った結果は特にめぼしいものはなし。銛ゴムの取り付け方法の変更による感触を確かめてきたくらいでした。
夜はJさん、Sさんと一緒に。酒は宮寒梅「鶯咲」。

蒼い月の夜でした

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

4/29 ベタ凪されど潜らず

風もなく2日目。

運良く、新島「かじやベーカリー」の食パン10枚切りが手に入ったので朝はホットサンド。
あまりにもふわふわのパンでしたからホットサンドにするにはもったいなかった。普通にサンドして食べたほうが食感を楽しめます。

今日のお昼はDさん、Mさんとタラノメパスタを食べる約束をしているのでタラノメ採りに。


式根島保育園の辺りで携帯に式根島のMさんから電話。 「しんや」前で落ち合い話を。

タラノメパスタに高級なローストビーフ!!

湖みたいな海です。カヌーも楽でしょうね。

ちょっと昼寝してもう夕御飯です。子供の頃は食べ過ぎて嫌いだったツワブキを採ってきました。
ツワブキではなくツワと、煮るではなく炊くって言っていたなと思い出しました。
あとはアシタバの胡麻和え、セロリ一夜漬け、フーチャンプル、トサカノリ酢味噌和え。そしていただいたアカイカ塩辛です。
今日は正月に奄美から買ってきた黒糖焼酎「あまんゆ」で。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

4/30 2回目の海へ

今日も海は静か。

まだ持ってきたパンがありますので朝食はパン。他のキャンパーより遅いですが7時過ぎには起きだして9時前には朝ごはんです。

釜の下で潜ってきました。東側の海はすこしうねりが入っていてモオヤ岩の外側には出られないくらい。
ブダイ、ハコフグ、ソイです。

ソイはいいんですけどねー。なかなか大物に出会えません。

ブダイは切り身にして酒粕付けも作ります。


ブダイはホイル焼きに、ハコフグはカルパッチョに、ソイは塩焼きに。
新島の嶋自慢で米焼酎「波の上の月」という新製品がでていましたので今晩はそれで。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

5/1 雨が来ます

今日からテングサの口開けでしたがあいにくの小雨。あっテングサ採りの人は潜るから雨でも関係ないか?でも干すしなぁ。

ソーメンチャンプルです。式根島の唐辛子が買えなかったので一味がなくなりそうです。
今は東風なのでキャンプ場に風があたっていないですがこれから西風の予報ですから張り綱を増やして対策します。

潜ってみるけどいい魚に会えず。
今回は 大浦から入り中の浦、神引へ。
ちょうどハナレの突端を回る頃に!!10m超えるくらいか?それくらいの深さにゆっくりと動く斑点模様。
70cmは超えているヒラメが回遊していました。しかし海底は想定20m超。見えません。
どっかに落ち着いて張り付いてくれればとしばらくそろそろと追いかけましたが海の底に消えてゆきました。
神引でカワハギのみ。

こちらも不漁のようで....

今日は焼き豚で。Jさん作成のアカイカスルメ。何度食べてもおいしいのです。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

5/2 一日雨

今回試してみたベープマット。ランタンに磁石で蝶番を貼り付けそれにベープマットをはさむというもの。
ずっと前から考えていて蝶番もベープマットも10年以上持っていたのですがベープマットを挟んでも落ちないくらいの
磁力がある磁石を持っていなかった。
薄いネオジウム磁石を使い蝶番はベープマットをぴったりはさめるように加工。良好です。
スクリーンテントだからですが今回蚊取り線香の出番無し。

朝ごはんはジェノペーゼのパスタです。あと頂き物のスープ。

まだ風がないのでテントパネルを開けておいても大丈夫です。

吹き上げられないようにポールの頂点にロープを通し重石をつけます。

結局もぐらーずの日だったのですがメジナをいただきました。ほかにキャベツとカブのサラダ、トビウオのたたき、ハマボウフウ、トサカノリ。
今回のキャンプは夜の御飯類作っていません。酒と肴!!

たたきはあぶって。酒は神津島の「盛若」。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

5/3 雨に煙る大浦

欠航かと思われたサルビア丸は条件付で出航。
しかし式根島には着岸できずたくさんのキャンパー、観光客は新島から連絡線「にしき」で式根島に来島しました。
荒れた海を「にしき」は大揺れで式根島まで走り降りた人たちは蒼い顔です。

朝はチーズリゾット。

海の様子を見にいきますがどこも似たようなもの。

今回も大浦から入りました。 犬の首から西の根に沿って。
途中岩陰に隠れる大きな魚影に「アオブダイか?」と銛をセットして近づくとイシガキダイでした。斜め上から頭をヒット。
3本銛の途中までしか刺さっていませんでした。
本当なら上から銛で押さえつけて魚に近づき確保するのですが魚の力に負け銛先が持ち上げられます。
体は模様なく真っ黒、口の辺りだけ白くなっているいわゆるクチジロ。60cmを超えるサイズのイシガキダイです。
急所に当たっていたのですが振り切られて銛先が抜けました。一本銛にしてこなかったのが悔やまれます。自己記録だったのに....

海からあがると子供たちが駆け寄ってきます。海水浴場内でエイを突いてきたのでそれが珍しくて見に来たのです。

あぶない尻尾はまず切って


ぬめりをとってエイひれを切り出します。エイひれの煮付けに挑戦です。

今日の獲物のブダイ、オニサザエ。
マダイとスマガツオをいただいたので種類豊富な刺し盛に。

今日来島のK親子と。
エイの煮付けは皮を剥いでから調理しないとエイのにおい好き以外の人にはムリと言うことが判明。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

5/4 朝から西風

富士山が見えるほど空気は澄んでいて晴れているけど嵐です。

朝ごはんは釜玉スパゲッティ&Kさんちのブイヤベース。
今日の大浦は潜れそうにないので他の場所を調査に行きますがどこも思わしくない。休漁です (>_<)

午前中から温泉に行き散歩することにします。


「みやとら」で弁当を買って...

「いこいの湯」へ

人の少ない時間だから撮れた写真。「いこいの湯」のタイル画です。泊と大浦。どちらが男湯でどちらが女湯かわかりますかねぇ?

さっぱりしたことろで足付側へ下る整備された歩道を海岸へ。

釜の下の近くずっと倉庫に使われていたところが海産物の直売所になっていました。

泳げる感じもするんだけどなぁ。でもすでにチューハイ買ってしまったし。

釜の下サーファーをみながらお昼御飯です。


キャンプ場にもどると相変わらずの風。うちのテントは大丈夫ですが風に吹かれて移動中のテントが数箇所。
出かけているようですので細引きで結んどいてやります。

夜ご飯用にトビウオのたたきを買ったけど、今晩は魚も捕らなかったことだしたたきは明日ということで居酒屋「千漁」を予約。
Mさん、Kさん親子と5人で行くことに。

メダイを使った漬け丼

メニューにあった「あいし貝」ってなんだろうと注文してみたらマツバガイでした。それにしてもデカイ!!
初めて生で食べましたがこれは見直すうまさです。火を通すと硬くなるそう。

メニューはこんな感じ。味付けがおいしいのでひと手間加えたものを注文してみるのがよいです。子供一人を加えた五人で13000円ほど。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07  

5/5 潜るとしたら最後の日

なかなか風がおさまりません。


Xperia SO-01B から LUMIX P-02D に変更して初めての式根島ですが圏外になっている時間がほとんど。
圏外になっていると電池を余計に消費するし、ネットもなかなかつながらない。通話していてもすぐに切れてしまって役にたちません。
携帯にSIMカードを差し替えて使用したほうが電池消費量もすくなくていいかもしれません。

昨日食べなかったたたきとJさんにいただいた素麺でにゅうめん。

今日は土曜日。「新井農園」今日はやるそうです。ちょっとだけ野菜を買いに。あと唐辛子おいてないかなぁ?


月曜日も天気は安定していそうなので日曜日のチケットを月曜日に変更しに港へ。
今日帰る人も随分います。

大浦は今日も洗濯機状態ですから、どこか潜れる場所はないかと偵察。養殖場は波も静かで魚群も濃いんですけどねぇ (^^)。



真ん中にちょっと赤いもの見えますかねぇ?なかなか撮れないキジです。今回も遠いですけどね。
磯には昨日食べたあいし貝があります。あとでいくつか採ることに。
今日のポイントはちょっと歩くのでダイビングバッグにウエットスーツなどを入れて背負って磯まで。
現地でウエットスーツに着替えてさぁ行くぞ!ってなったときに気が付いた。「マスク忘れた(+_+)」

道具はすべておいてウエットスーツのまま山登りしました。

まぁ、トラブルはあったもののその分見返りも大きかった。
80cm5Kg超のハマフエフキ(上)と74cm4.2Kgのヒラスズキ(下)です。
ヒラスズキは10匹以上の群れ。水深5mほどの中層に群れていました。
水面にて様子を伺うこと数分。ゆっくりとジャックナイフで同じ深さまで。
散ってしまうだろうなとはじめからあきらめていたのですが少し距離を置いただけで逃げていません。
あまり早い動きはみせず群れのなかの大きな一匹に向け銛を放ちました。
今日はあらかじめ一本銛に変えてきていましたから貫通して銛の半分くらいのところまで魚が来ています。
硬い頭じゃなくて胴体に刺さったのが幸運だったのかもしれません。ひさしぶりのヒラスズキでした。

ハマフエフキは海に入ってすぐに岩陰にいたのを打ったのですが狙い通り頭にあたったけど貫通せず逃げられました。
海からあがる寸前に海底に横たわるハマフエフキをみつけ「うーむ」と迷ったのですが、自分の獲物。重いけど持って帰ることにしました。
急所に当たっていて一旦は逃げたけどそのまま息絶えたのでしょう。すこしでも軽くするためにはらわたを抜いて血も抜きました。

もちろんマツバガイも収穫してきました。

水場が混む前に下処理をすませておかないと邪魔になってしまいます。
時々来るほかのキャンパーの注目を浴びながらさばいてはおすそ分けします。チョロにもおすそわけ。

今晩はヒラスズキ(手前)、ハマフエフキ、亀の手、あいし貝の刺し盛。箸休めにノビルです。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07

5/6 G.W.最終日

ゆうべは随分遅くまで盛り上がってしまいました。宴会が2部構成だったので終わりが2時過ぎでした m(__)m すんません。

刺身もほとんど食べてしまっていたので追加で切り、今回初のづけ茶漬け(デザート付き)。

送り返す荷物の山です。

ほとんどの人が帰ってしまうので見送りに行きます。 紙テープをもって、また式根島でと。
 
行ってしまいました (;_;)/~~~


いつものことですけど祭りのあとって感じです。

中華スープ(ふかひれいり)のおじや。

怪しい雲行きです。レーダーをみると真っ赤な雨域が近づいています。
急に風も強くなりました。(ロッジテントのロープを随分取ったのに....) ロッジは明日撤収することにしてそれ以外を片付けます。
雨は2時間ほどで過ぎ、日も差してきました。

午後のジェット船がでるとキャンプ場に残ったのは4人となりました。
今日は水場の横にある火床で炭火焼きです。ヒラスズキのカマなどを焼きます。Jさんと3人でしんみりと。

 
27-28-29-30-01-02-03-04-05-06-07

5/7 大浦キャンプ場最終日

大浦キャンプ場は今日で一旦おしまい。7月1日に再開するまでは釜の下キャンプ場を使用することになります。

荷物をあらかた詰めたところでロッジも撤収。船が出る2時間前です。

記念撮影してさよならの挨拶をして。

ブンタにも。

カブはコンテナへ。

島のみなさんの見送りで。
 
船室はガラガラです。島のり弁当たべて酒呑んで寝ました。

まだ明るいうちに東京港へ。

Jさんとはここでお別れ。次はいつですかねぇ。
 

さて、今回のキャンプに関して備忘録

忘れ物
 アイスピック

メモ
 ウエットスーツは5mm 出発時の水温が20℃なら3mmでも可
 ウエイトは5kgでOK
 

 

 exit

 

Comments are closed.